ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

マイニング合戦 スイスの仮想通貨企業、スウェーデンに採掘場を新設

アルパイン・マイニング社のデータセンター

アルパイン・マイニング社はスイス・ゴンド村に仮想通貨の採掘場を作り、一躍有名になった

(swissinfo.ch)

スイスのベンチャー企業アルパイン・マイニングAlpine Mining他のサイトへ社がスウェーデンに仮想通貨の大採掘(マイニング)場を設立する。香港のブロックチェーン企業ディジネックスDiginex他のサイトへと提携する。

 ディジネックスは、スイスを含む欧州の他の地域も視野に入れている。仮想通貨の採掘のため、電力100メガワットで操業できる場所を探している。

 莫大な電力を消費する仮想通貨の採掘業者にとって、スイスとスウェーデンは共に競争力のある長所を持っている。豊富な水力発電、熱くなったコンピューターを冷やす寒冷な気候、安定した政治と仮想通貨ビジネスに好意的な政策だ。

 しかし2年前、スウェーデンが大型データセンターの電力消費に対する税率を引き下げ、欧州で一歩抜きん出ることになった。同国には既に多数のビットコインやその他仮想通貨の採掘企業が集まる。フェイスブックのデータセンターもスウェーデンにある。

 ディジネックスの広報は、「スイスが同様の政策を採れば、スウェーデンと同等の立場に上がるだろう」と話す。「スイスは間違いなく、採掘場として他の条件は全て満たしている」

 「あらゆる種類のデータセンターのハブとなることは、大学や研究機関を呼び込む確かな原動力になる」

莫大な電力消費

 ビットコインやイーサリアムなど多種多様な仮想通貨を採掘するには、複雑な数学的パズルを解くため互いに競合する特殊なコンピューターが必要になる。採掘競争の勝者には仮想通貨の獲得という報酬が与えられる。

 採掘場の運営には莫大な電力がかかると批判されている。クリーンエネルギーを使ったりアルプス地域の自然な冷却効果を利用したりすることで、環境への悪影響を和らげることができる。

 今のところ、スイスの採掘場は比較的小規模だ。電力コストが外国に比べて割高であるため、いくつかの採掘場は閉鎖された。

 アルパイン社はイタリアとの国境に近いヴァレー州ゴンド村に水力発電を利用した採掘場を建設し、一躍有名になった。施設には仮想通貨を発掘するコンピューターがずらりと並ぶ。

 同社は近く、スウェーデン北部に8メガワットの水力発電を利用した採掘場の建設を支援する。ゴンドの約30倍に相当する規模だ。具体的な設置場所は明かされていない。

スイスの拠点は維持

 共同創立者のルドヴィック・トマス氏によると、アルパイン社がゴンド村で成功を収めたことが、ディジネックスとの提携への契機になった。アルパイン社はゴンド採掘場を手作業で建設。冷却システムを自ら設計し、設備を保護するためのプラスチック製クリップを、3Dプリンターを使ってその場で作り上げた。

 そのことは、ディジネックスの欧州本部長にヴァレー州出身のスイス人を当てることにも繋がった。同社は香港の投資会社マディソン・ホールディング・グループの出資を受けている。ワイン卸商から発祥した同グループは先月、ブロックチェーン企業を買収。スウェーデンの採掘場の資金として、3千万ドル(約33億円)を拠出する。

 ディジネックスの広報は、「スキルが高く、我々が採掘場を設置したい場所について来てくれる人材を見つけるのは容易ではない」と話す。「アルパイン社との提携が、業務拡大への最初の一歩になると期待する」

 アルパイン社にとって、スウェーデンへの進出はスイスとの決別を意味するわけではない。トマス氏は「スイスでは引き続きゴンド村に拠点を置き、スイスでの採掘能力を大幅に拡大する予定だ」とスイスインフォの取材に語った。

仮想通貨の採掘の図解
(swissinfo.ch)


(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。