ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ローザンヌの写真展「見知らぬ知人」 スイスはどこに始まり終わるのか

スイス写真財団が「見知らぬ知人他のサイトへ」と題する展覧会を開いている。

ヴォー州ローザンヌのエリゼ写真美術館で来年1月7日まで開かれているこの展覧会は、異なる五つの旅のリポートで構成されている。スイスはどこから始まりどこで終わるのか?展示された写真は、個人を写したものから、単に理論的な概念を説明する手段としての作品までさまざまだ。

米国人写真家のシェーン・ラヴァレット氏の作品は、スイス人写真家のテオ・フライ氏が1939年のスイス全国展覧会に出展した写真の隣に展示されている。新旧の写真の相互作用は遊び心に富み、ラヴァレット氏が短い滞在時間で集めたスイスの印象と古い写真がモザイクのピースのように空間を彩る。ただ、フライ氏の写真とラヴァレット氏の作品との境界線ははっきりしている。

英国人のシモン・ロバーツ氏の作品はおそらく最も展覧会のコンセプトに近いものだろう。観光客で混み合う展望台を捉えた彼の大型写真は、スイスの観光産業の真髄を写し出している。

英国に住むメキシコ人写真家、アリンカ・エチェヴェリア氏はスイスを訪れ、人生で重要な局面を迎え、またスイスの生活環境下で暮らす若者たちと向き合った。彼女の写真を通じて、展覧会ではスイスの将来を垣間見ることができる。

チャン・シャオ氏は中国人写真家。彼は初めてスイスに来たとき、ライン川沿いを歩いて一部の人にとってはありきたりなスイスの姿を切り取った。

ドイツ人写真家のエヴァ・ライトルフ氏が写したのは国境だ。スイスはどこから始まりどこで終わるのか?写真において、この境界線はそれ自身が写真と写真の境目をなくすメタファー(隠喩)となる。彼女がスイスの国境沿いに撮った彼女の写真は無限のループを描く。

(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。