外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウラジオストク共同】ロシアの情報機関、連邦保安局(FSB)の極東ハバロフスクの庁舎に21日午後、武装した少年が押し入り、来庁者用の待合室で発砲、職員1人と来庁者1人が死亡した。FSBは少年について、地元出身の1999年生まれで、ネオナチ団体に所属していたと説明。その場で殺害された。ロシアメディアが報じた。

共同通信