ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ワクチン接種を スイス はしかで死者2人

ワクチン

はしか感染の広がりを防ぐため、スイス連邦内務省保健局は予防接種を呼び掛けている

(Keystone / Sascha Steinbach)

スイス連邦内務省保健局は2日、今年になって国内で麻しん(はしか)感染により2人が死亡したと発表他のサイトへした。感染数は増加している。

1人は予防接種を受けていない30歳の男性で、親戚から感染した。男性は感染してから67時間後に予防接種を受けたが手遅れだった。症状が現れて間もなく自宅で死亡した。

もう一人は、がんにより免疫力が低下していた男性(70)。はしかの合併症で肺炎を発症し、感染から数日後に死亡した。2人の詳しい死因はいずれも調査中という。

保健局は、予防接種を受けるよう呼び掛けている。自分自身だけでなく、赤ちゃんや妊娠中の女性、免疫力が低下している人など、予防接種を受けられない人々に感染が広がるのを防ぐことができるためだ。 

>>スイスでは予防接種を受けさせない親たちがいる

7倍の増加

保健局によると、スイスでは今年に入ってはしかの感染数が155件に上った。1月から4月中旬までで138件と前年同期(19件)と比べ7倍以上も増加している。

>>スイスではしかの感染が急増

保健局は、流行状況は「厳しい」とコメント。はしかを完全に排除するには、1963年以降に生まれた子供と大人の95%が予防接種を2回受けた場合にのみ可能だという。

ヌーシャテル州、ベルン州で特に感染が広がっており、拡大を食い止める追加的措置が急務とだという。これには対象者の連絡先の特定、予防接種を受けていない子供の保育園・学校の出席見合わせなどが含まれる。同局は、はしかに感染した人と同じ飛行機に乗った乗客についても報告が必要だとし、しかるべき措置を講じなければならないとしている。

Keystone-SDA/ilj

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。