ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

不動産の購入

不動産
(© KEYSTONE / SALVATORE DI NOLFI)

スイスでの投資には、別荘の購入、ビジネスの立ち上げ、株式投資などがある。投資に必要な情報を紹介する。

近年、住宅価格が暴落した米国、英国、スペインなど二比べ、スイスの不動産市場価格は平均を上回る成長率を記録した。

外国人によるスイスの不動産の購入はコラー法によって規制されている。不動産を所有することによって外国人にスイスの居住権が与えられることは無い。居住許可と不動産購入の許可は州政府の管轄下にある。

一般的に不動産価格の6割から8割を金融機関が融資する。金利は通常4%以下と比較的低い。融資を受けるに当たっては、契約手数料や各種税金がかかる。

詳細は連邦司法警察省(EJPD/DFJP)他のサイトへ(英/独/仏/伊語)のサイトを参照。

別荘の購入

外国人は、スイスに別荘を購入できるが特別な許可が必要で、複数の条件が課される。購入可能な別荘は、州政府が休暇用リゾート地と指定した場所にある物件で、外国人の購入制限枠がある。「現時点で外国人が所有している別荘のみ」など、独自の規制を設ける州・自治体もある。

貸し別荘(ホリデー・アパートメント)の年間契約による貸出しはできないが、一定期間ごとの貸出しは可能。いわゆるアパートメントホテルは、特に最盛期にはホテルと同様の宿泊施設として提供される。2011年の国民投票によって、別荘の新規建設が制限された。

一般的な規定として、別荘の利用面積(部屋、台所、玄関、トイレ、屋内プール、サウナ、娯楽室などを含むが、バルコニー、階段の吹き抜け、地下室、屋根裏部屋などは除く)は200平方メートル、敷地面積は1000平方メートルを超えてはならない。規定以上の面積が必要と証明された場合は、各々250平方メートルと1500平方メートルまで許可される。

1家族が2軒以上の別荘を持つことは通常禁止されている。別荘やアパートメントホテルの購入を希望する本人、その配偶者、パートナー、18歳以下の子供がほかに別荘を所有している場合、新しい別荘の登記をする前に、まずその別荘を売却しなければ当局の認可は降りない。

詳細は連邦司法警察省(EJPD/DFJP)他のサイトへ(独/仏/伊語)のサイトを参照。

住居の購入

スイスに居住している 第3国(欧州連合/EU、及び欧州自由貿易連合/EFTA加盟国以外の国)出身者は、C許可証を所有していなくても本人の住居として一戸建ての家1軒またはアパート1戸を当局の許可を得ずに購入できる。(土地の購入と家の建築に関する規定も同様だが、家の建築は土地の購入後1年以内に始めなくてはならない)

どちらのケースも、購入者はその不動産に居住することが義務付けられている。また、住宅の賃貸は禁止されており、間貸しも認められない。

一般的に居住面積に制限は無いが、購入できる住宅は1軒のみ。投資のみの目的の場合、広大な邸宅は不向き。敷地面積が3000平方メートルを超える場合、購入が認められるかどうか登記所が介入する。

転居の際に住宅は必ずしも売却しなくてもよい。所有者はそこを別荘として使用できるほか、第3者に賃貸することもできる。

また前の住宅を売却せずに、転居先で新しい住宅を購入することも可能。しかし、そこに永住する意思が無いにもかかわらず2軒目の住宅を購入すると法律違反になる。つまり、許可を得ずに複数戸の不動産を購入することを目的とした転居は厳しく禁じられている。こうした不正が行われた場合、当局は2軒目以降の不動産の購入許可をさかのぼって申請させるか、それらの購入を無効にすることができる。

詳細は連邦司法警察省(EJPD/DFJP)他のサイトへ(英/独/仏/伊語)のサイトにある、スイスで不動産購入を希望する外国人向けのガイドラインを参照。

2軒目の住宅の購入

EU及びEFTA加盟国の国民で、国境地域からスイスへ通勤するG許可証の所有者は、当局の許可を得ずに勤務地の近くに住宅を購入できる。

その場合は、スイス国内で就労している間はそこに居住しなければならない。またその住宅を一部であろうとも他人に賃貸してはならない。敷地が1000平方メートルを超える場合、原則として登記所他のサイトへ(英/独/仏/伊語)はただちに登記手続きを行わず、関係当局に購入者の身元を照会する。

土地の購入と住居の建築

原則として、住宅地域、工業地域、商業地域にある未開発の土地の購入には許可が必要。不要なケースもある(本宅、別荘、法人)が、購入後約1年以内に建築工事を開始しなければならないなど、特定の規制がある。

詳細は連邦司法警察省(EJPD/DFJP)他のサイトへ(英/独/仏/伊語)のサイトにある、スイスで不動産購入を希望する外国人向けのガイドラインを参照。

swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。