世界の出来事

 三菱重工業は18日、採算が悪化している商船事業について、多額の損失を出した大型客船の建造から事実上、撤退する方針を明らかにした。今後は貨客船や中小型客船に限定して受注する。設計などを手掛ける部門の分社化も検討し、提携協議中で建造量国内首位の今治造船(愛媛県今治市)など3社と基本設計などで連携を強化する。

kyodo

 世界の出来事