外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災の巨大津波に襲われた岩手、宮城、福島3県の沿岸に建設予定の防潮堤計約405キロのうち、完成済みは22%に当たる約88キロにとどまることが9日、共同通信の調査で分かった。景観の変化を巡る住民との合意形成が難航し、人材や資材の不足も影響。多くは当初の目標より大幅に遅れている。11日で震災から丸6年。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信