遺族年金の男女差「合憲」

 世界の出来事

 遺族補償年金の規定が、夫を亡くした妻を無条件で支給対象とする一方、妻を亡くした夫には年齢制限を設けていることが、憲法の「法の下の平等」に違反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は21日、「規定は不合理でない」として合憲との初判断を示した。

共同通信

 世界の出来事