【北京共同】中国当局による自宅軟禁から脱出し北京の米国大使館で保護されていた盲目の人権活動家、陳光誠氏(40)は2日、大使館からロック駐中国米大使の車両で同大使と共に北京市内の病院に移り、軟禁されていた妻や子どもと再会を果たした。米側は、陳氏が亡命を求めず中国にとどまる方針と表明したが、AP通信は、陳氏が中国当局から「大使館を離れなければ、妻を殴り殺す」と脅迫され、出国を希望していると報道した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。