Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

今も続く死刑


スイス人 アメリカの死刑囚の絵を集め展覧会を開催




スイスの有名な風刺漫画家のパトリック・シャパットさん。彼のジュネーブの仕事場で (swissinfo.ch)

スイスの有名な風刺漫画家のパトリック・シャパットさん。彼のジュネーブの仕事場で

(swissinfo.ch)

スイスの有名な風刺漫画家のパトリック・シャパットさんと、伴侶で記者のアンヌ・フレデリック・ヴィッドマンさんは、カリフォルニア滞在中に死刑囚と出会うことができた。ジュネーブでは現在、死刑囚が描いた絵とシャパットさんや他の風刺漫画家の作品を集めた展覧会が開催されている。シャパットさんは「死刑囚は、絵を描くことで精神の健全さを保っている」と語る。

 ジュネーブの下町パキにアトリエを構えるシャパットさんは今、アメリカの死刑囚が収容されている「死の廊下」についての風刺画の仕上げに追われている。そんな彼にインタビューした。

 「『死の廊下』のことは、アメリカではほとんど知られていない。この刑がアメリカという国の司法における『神話』になっていてもだ。我々が展覧会で示そうとしている現実は、まだタブーの状態だ。死刑の日まで待つこの廊下は、アメリカの忘れさられた地下牢のようなものだ」と、シャパットさんは言う。

 こうした現状から、「ほとんど知られていないこの世界への窓を開こう」という考えが浮かび、展覧会プロジェクト「死の廊下に開く窓」が立ち上がった(これは展覧会の名前でもある)。そこには、死刑囚たちが自分たちの運命について描いた絵やデッサン、そしてアメリカのメディアで働くトップクラスの風刺漫画家とシャパットさんのデッサンが展示されることになった。

 シャパットさんと記者のヴィッドマンさんは2014年、四つの牢獄を訪ね、死刑囚たちから、彼らの「証言」となる絵を入手した。

 「ニュースレターを通じて、死刑を待つ約3千人の囚人に、我々のプロジェクトについて説明した。するとそのうち30人が我々にコンタクトしてきた。彼らは、まだしっかりと自分の足で立っている人たちだ。これに対しほとんどの死刑囚は、潰されて植物人間のようになっている。精神を冒されてしまったのだ」と、シャパットさんは説明する。

 そして、こう強調する。「出会えた死刑囚たちは皆、現実から遠のく『力』を持っている。アートのお陰だ。刑務所で、デッサンし絵を描くことを学んだのだ。アートは、健全な精神を維持させてくれ、いつか自分の犯罪は見直されるという希望を与えてくれる」。ある囚人がこう言ったと、シャパットさんは続ける。「あなたは、生きていれば希望があると言う。しかし僕にとっては、希望があるから生きている」

  まさにこうした事実が、スイス外務省の支援を受ける、展覧会「死の廊下に開く窓」の中に読み取れる。

 「集団として人々が共有するイメージにおいて、死刑とは、恐ろしく非人間的で犯罪的な行為だ。犯罪者を閉じ込め、そして最終的には殺す。ほとんどの死刑囚は確かに犯罪者だが、人間なのだ。それに彼らの一部は、間違って死刑囚にされている。彼らの置かれている環境も、ほとんど知られていない。24時間中に23時間も独房に閉じ込められ、孤独にさらされ、そしてそれが数十年も続く」とシャパットさんはコメントする。

 「アメリカ人の多くは、死刑をまだ支持している。だが最近、二つのことで考えが揺れてきている。一つは、DNA鑑定のお陰で一連の死刑囚の無実が明らかになったからだ。実際、3カ月に一度の割合で無実が証明された死刑囚が出獄している。二つ目は、2013年~14年に、アメリカの致死薬を欧州連合(EU)がボイコットしたため、刑務所では新しい混合の致死薬を死刑囚に試した。そのため、すぐに亡くならない死刑囚が何人か出て、混乱が起きたからだ」

 現在、ジュネーブモルジュで行われている展覧会「死の廊下に開く窓」では、死刑という事実を通してアメリカ社会の現実が浮き上がってくる。

 シャパットさんは言う。「非常に暴力的なアメリカの歴史、宗教、制裁についての『アメリカ人の想像』、アフリカ出身者に対する極端な差別などが、死刑という制度を通じて浮かび上がってくる。実際のところ、アメリカでは、死刑の中で最も一般化しているのが『裁判抜きの死刑』だ。つまり、黒人が理由もなく、しばしば警察官に撃たれて死んでいるのだ」


(仏語からの翻訳&編集・里信邦子), swissinfo.ch

×