ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

今大会はスイスで開催 冬季ユース五輪、スケート選手がリハーサルで重傷

The alpine resort of Villars-Sur-Ollon

冬季ユース五輪2020の一部競技が行われるローザンヌのスキー場

(Keystone / Valentin Flauraud)

ローザンヌで9日開幕する冬季ユース五輪で、ロシア人の女子フィギュアスケート選手(35)が開会式のリハーサル中に大けがを負う事故があった。

スイスの通信社Keystone-SDAによると、この選手はドイツ在住。7日、市のメインホッケースタジアムで、天井に取り付けられたケーブルで空中に吊り上げられていたところ、バランスを崩し5メートル下の氷のリンクに落下した。地元警察は、命にかかわるけがだとしている。

開会式は9日夜、予定通りこのホッケースタジアムで行われる。

警察が事故原因を調べている。

今大会は1880人の選手が参加する。うち112人がスイス代表。

Keystone-SDA/AP/ds

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。