ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスでは、ほとんどの人がアパートなどの集合住宅に住んでいる。スイスで自分にぴったりのアパートを見つけるコツを紹介する。

世界銀行の2015年調査によると、スイス国内では1平方キロメートル当たりの住人は210人。大半が賃貸アパートに住んでいる。

引越しは大変! スイスの引越し事情あれこれ

どうやったらスイスで自分にぴったりのアパートが見つかるのか?賃貸契約に必要なものは?契約や引越し時に、特に気を付けるべきことは?最近スイスで引越しをしたスイスインフォ・ロシア語編集部のジャーナリストが、その体験をもとにスイスの引越し事情のあれこれをまとめてみた。 ...

一般的なアパート探しにはhomegate他のサイトへImmoscout24他のサイトへなどの総合的な住宅情報サイトが便利。住みたい地域や家賃、部屋数、賃貸用・購入用など自分の条件にあった不動産を簡単に探すことができる。家具付きの短期用アパートはUMS他のサイトへ、ルームシェアを希望するならWG Zimmer他のサイトへがおすすめ。

スイスでは休暇や海外出張の期間中、家やアパートを貸し出す人が増えている。オンラインプラットフォームAirbnb他のサイトへの普及により、この方法で部屋を借りる人は2014年から15年の間で30万人に倍増した。

転勤者向けのリロケーションサービス

スイスでは転勤者向けのリロケーションサービス他のサイトへが盛ん。国外から転勤してくる企業の重役、管理職の住宅や保険を手配するほか、役所の手続きも代行する。

契約条件

不動産の賃貸は、更新可能な年間契約が主流。転居する場合は通常3カ月前までにその意思を書留郵便で送る。契約満了を待たずに転居を希望する場合、自分で次の入居者を見つけなければならない。

借りている部屋は入居時と同じ状態で明け渡す必要がある。自分で清掃しても良いが、清掃業者に頼む人も多い。

 賃貸契約、賃貸人の義務、契約締結・解約の一般的な手続きの詳細はch.ch他のサイトへへ。

swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×