外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 西日本を中心とした豪雨で発生し、住宅や公共施設などに被害を及ぼした土砂災害が、国土交通省の集計で31道府県計619件に上ったことが13日、分かった。同日午前4時現在、広島県が123件と最多で、愛媛県59件、兵庫県51件と続く。甚大な被害が出ている広島県などでは実態把握が十分ではないとみられ、同省も、件数はさらに増える可能性があるとしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信