ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

テニス全米オープン フェデラーが準々決勝で惜敗、大記録逃す

タオルで顔をおおうフェデラー

準々決勝でデルポトロに敗れたフェデラー

(Keystone)

テニスの全米オープンは6日、男子シングルス準々決勝が行われ、ロジャー・フェデラー(スイス)がフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)に5-7、6-3、6-7(8-10)、4-6で惜敗。宿敵ラファエル・ナダル(スペイン)との準決勝での対戦はならなかった。

準決勝で世界ランク1位のナダルを破れば、36歳のフェデラーが現役で男女ともに最高齢の世界ランク1位に返り咲くはずだった。世界ランク1位の期間も、302週(およそ6年)という自身の記録更新がかかっていた。

フェデラーは対戦後、「(デルポトロは)本番でしっかり力を出して来た」とコメント。また「負けたのは、精神面でも肉体面でも、ゲームにおいても力不足だったから。この三つを欠いては、非常に難しい」と振り返った。

(英語からの翻訳・宇田薫)

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×