Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

刑事収容施設の収容率膨らむ


チューリヒ空港の刑務所に収容されている違法入国者。強制送還を待つ (Reuters)

チューリヒ空港の刑務所に収容されている違法入国者。強制送還を待つ

(Reuters)

スイスの刑事収容施設に収容されている人数は現在約6200人で、1999年以来、最高の収容率となった。だが、人口の増加を考慮に入れると収容者数は安定している。

フランス語圏とイタリア語圏では過剰収容が目立つ。

勾留が3割

 1月11日に連邦統計局 ( BFS /OFS ) が発表した2010年の報告によると、2010年9月1日の時点で刑事収容施設の収容者の総計は6181人。昨年同時期は6084人だった。

 1999年以来、収容者の数は常に5000人弱 ( 2002年 ) から6200人 ( 2010年 ) の間を上下している。2010年は住民10万人につき80人が刑務所などに収容された。この数字は2004年以降ほぼ安定している。2005年は10万人につき83人が収容されていた。スイスは西ヨーロッパ諸国の中では比較的収容率が低い。

 スイス各地にある刑事収容施設の平均収容率は92.5%。2009年と比較すると1.5ポイント増加した。ドイツ語圏の州の平均収容率は87%であるのに対し、フランス語圏とイタリア語圏を合わせた平均収容率は105%と過剰だ。

 例えばジュネーブのシャン・ドロン刑務所では2010年、定員270人のところ一時622人の受刑者が収容されていた。ヴォー州では収容率が130%から170%に及ぶ施設も出た。未決勾留の10人に8人は外国人だ。

 収容者のうち31%は被勾留者、61%が受刑者、6%が外国人法による強制措置で、その他が2%となっている。

7割以上が外国人

 外国人の割合は2004年以降安定しており、全体の72%を占める。未決勾留では81%を超えるが、その割合はやはり数年前から安定を保っている。外国人は逃亡の恐れがあることから、スイス人と比べると勾留されやすい。外国人の被勾留者のうち6割は ( 犯罪 ) ツーリスト、越境労働者、不法入国者などでスイスに定住所を持っていない。

 女性が占める割合は全体の5.6%で1999年以来安定している。未成年者は0.6%に減少し、1999年以来の最低値を記録した。

swissinfo.ch、外電



リンク

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×