ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

初の快挙 スイス「ハウスツアー」が建築ベネチア・ビエンナーレで最高賞

ベネチアの建築ビエンナーレを訪問するベルセ大統領

ベネチアの建築ビエンナーレで「ハウスツアー」の完成度に驚くスイスのアラン・ベルセ大統領

(Keystone)

イタリア北部のベネチアで始まった第16回ビエンナーレ国際建築展で26日、スイス館「ハウスツアー」が最高賞の「ゴールデン・ライオン」を受賞した。スイスが優勝するのは初めて。今年のテーマ「フリースペース」をベースに、空っぽのアパートがどのように見えるかを表現した。

 スイスは「Svizzera 240:House Tour」(Svizzeraはイタリア語で「スイス」の意)と題するパビリオンを出展。スイスの芸術評議会プロ・ヘルベチアによると、「家巡りという建築物の独特な表現方法を使って、家具のないまっさらな現代家屋」に焦点を当てた。

 建築家のアレッサンドロ・ボスハルド氏、リー・タフォール氏、マシュー・ファン・デア・プレーグ氏、アニ・ヴィヘルヴァーラ氏が設計。スイス館に足を踏み入れた人々は、あるアパートの内装の観覧ツアーに参加することになる。「さまざまなスケールの部屋が組み合わさって、インテリアをさまざまな角度からみる迷路のようになっている」(プロ・ヘルベチア)という。

 タイトル中の「240」は、リビングの最適な高さとされる240センチから数字を取った。

 スイスのアラン・ベルセ大統領は25日にスイス館を訪問。「ハウスツアーは審美的、社会的な疑問を提起した」と述べた。開会のスピーチでは「姿を消しつつあるプライベートと公共の境目を束の間に捉えようとしている」と評した。

 ベルセ大統領は、スイス館の優勝は「若い建築家によるチームにとって大きな成功であり、同時にスイス建築が世界レベルの品質にあることをアピールできた」と称えた。

 同ビエンナーレは11月25日まで開催される。

SDA-ATS/ts

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。