Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

勉強ができなくても立派な社会人に


低学力の生徒にも就職のチャンスを与える


 他言語で配信中:3  他言語で配信中:3
埋め込みコード

スイスでは、義務教育修了という学歴だけで就職するのは以前と比べて難しくなっている。学業が苦手だった生徒が、就職先が見つからずに生活保護の世話にならざるをえないケースも多い。特に低学力とされる中学生の就職活動を支援するため、「リフト(Lift)」というプロジェクトが10年前に立ち上げられた。(SRF/swissinfo.ch)

中学生のエズラさんは、いわゆる「できる生徒」ではない。中学卒業後は職業訓練コースへの進学を希望している。そのための職業訓練先探しを有利にしようと、中学生のための就職活動支援プロジェクト「リフト」に参加を申し込んだ。今は、毎週土曜日に3時間、無給で美容院の手伝いをしている。これによって職業体験ができると同時に、履歴書に新たな経歴を付け加えることができるのだ。

「リフト」プロジェクトは発足から10年を迎える。現在スイス全国で2500社の中小企業が協力しており、その数は年々増えている。「リフト」代表のガブリエラ・ヴァルザーさんは、早い段階で自分の実用的なスキルを発見した子どもは勉強にもやる気を出すと言う。学ぶ目的に目覚めるからだ。

関係当局は、義務教育修了後の進学率を、職業訓練コースを含め全体の95%に増やすという目標を設定した。若者により多くの就職のチャンスを与えるためだ。この目標は、スイス生まれの子どもたちについてはすでに達成済みだ。学校教育の一部を国外で受けた移民系の子どもたちに関しても改善はされたが、非進学組の割合がまだ12%となっている。

スイス教師協会(LCH)会長のベアート・ツェンプ氏によると、このプロジェクトはコストはかかるが、長期的に見るとその高いコストに見合うだけの価値を持つ。それは若者がこの先約40年のあいだ社会人として経済的に自立するための支援であり、成功すれば社会保障制度の負担を軽減することにもつながると指摘する。