ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

動機は不明 バーゼルの路上で7歳児刺され死亡、75歳女を逮捕

バーゼル大学小児病院

男児が搬送されたバーゼル大学小児病院

(© Keystone / Georgios Kefalas)

スイス・バーゼルの路上で21日昼、一人で下校途中だったコソボ出身の男児(7)が刃物で刺され死亡した。75歳の女が「自分がやった」と出頭。警察が逮捕し、動機を調べている。

事件は21日午後12時45分ごろ、バーゼル駅から約2キロ離れたゴットヘルフ小学校のすぐそばで起きた。男児はここに通う生徒で、歩いて家に向かっていた。

複数の目撃者が地元メディアに対し、男児はのどのあたりを負傷し、血だまりの中に倒れていたと話した。

自転車で通りかかった担任の女性教諭が見つけ通報。男児はバーゼル大学小児病院に搬送され、緊急手術を受けたが、その後死亡が確認された。

警察が現場から立ち去った女の行方を追っていたところ、75歳のスイス国籍の女が出頭した。逮捕された女はバーゼル在住で、出頭前、複数の知人にテキストメッセージを送り、自分のした行為を知らせたという。

地元紙バーゼル・ツァイトゥング他のサイトへによると、付近の住民が口論のようなものが聞こえたと証言。女と男児に面識があったかどうかは不明で、警察が詳しく調べている。

Keystone-SDA/dos

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。