ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

動物保護 ベルンの旧鉄道トンネル、コウモリ専用に存続

コウモリが飛び立つ瞬間


(Pro Natura/Dietmar Nill)

2018年にトンネルとしての役割を終えるロスホイゼルン旧鉄道トンネル(ベルン州ミューレベルク)が、コウモリなど野生動物専用トンネルとして維持されることが決まった。

ドイツ語圏の日刊紙NZZによれば、全長1910mのトンネルの出入り口には柵が立てられ、コウモリなど野生動物は柵の間からトンネルに入ることができる。

同トンネルはベルンからヌーシャテルを経由し、パリ方面へとつづく鉄道路線の一部。隣に並行して建設された新トンネルは18年に開通予定。


(独語からの翻訳・大野瑠衣子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×