ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

動物愛護 クマの保護区スイス南東部アローザにオープン

木の枝を噛むクマのナパ

スイスに新しくできたクマ保護区の最初の移住者は、セルビアのサーカスで働いていたナパだ

(Keystone)

スイス南東部のグラウビュンデン州・アローザに3万平方メートルのクマの保護区他のサイトへがオープンした。

 観賞ではなく動物保護を目的にしたクマ公園はスイス初。虐待・監禁されたクマの保全の場にする。

 ドリス・ロイトハルト連邦環境相は3日の開園式のスピーチで、グラウビュンデン州にはかつて多くのクマが生息し、多くの自治体の紋章にクマが描かれていると指摘した。堂々として魅惑的な動物である一方、クマは盗みを働くことがあるのが難点だと加えた。「この保護区がベルンのクマ公園のように、人々のクマに対する理解を深める場になるだろう」と述べた。

≫スイスを「ヒトとクマが共存できる国」に。専門家がスイスの生物多様性を酷評

≫生まれ変わったベルンのクマ公園

 最初の「移住者」となったのは、7月にセルビアから来た12歳のクマだ。ナパという名で、サーカスから救助された。動物園で生まれ、茶色い熊とホッキョクグマのハーフ。
保護区は動物保護団体「Vier Pfoten他のサイトへ」(本部・ウィーン)が運営する。ナパの移送も同団体が実施した。来春以降、さらに多くのクマがアローザにやってくる予定だ。

SDA-ATS/jc

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。