ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

動物愛護 ヨーロピアン・パーチが「今年の魚」に

2017年、レマン湖で釣られたヨーロピアン・パーチ

2017年、レマン湖で釣られたヨーロピアン・パーチ

(© KEYSTONE / JEAN-CHRISTOPHE BOTT)

ヨーロピアン・パーチがスイスの2019年の「今年の魚」に選ばれた。スイス漁業協会が2日発表した。

今年の魚他のサイトへ」は人気や特殊性、美味しさを世に広める目的で2010年から定めている。18年はうなぎだった。

プロの漁師や趣味の釣り人によって釣られるパーチは毎年350トンにのぼる。だが消費者の需要に応えるためには、その10倍の量を輸入か養殖しなければならない。

≫変容するスイスの水の生態系

≫変容するスイスの漁業

パーチはドイツ語圏でエグリ(Egli)、フランス語でペルシュ(Persche)と呼ばれている。捕食性で、緑がかった鱗に赤っぽい腹びれ、5~8センチの黒っぽい縦縞が特徴。成魚の大きさは全長25~40センチ、重さは200グラムから2キロとばらつきがある。スイスでは湖の藻や植物の間、緩慢な小川などで生息する。気温が下がると湖の深さ100メートル付近に生活圏を移す。

ヨーロッパやアジアに2300万年前から生息し、オーストラリアやニュージーランド、南アフリカに広がったと考えられている。現在は150科9300種以上が確認されている。

Keystone SDA/sb

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。