ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

危険、日焼け止めクリーム

日焼け止めクリームに含まれる紫外線遮断の内分泌攪乱化学物質は、特に幼児にとって危険性が高い

内分泌攪乱 ( かくらん ) 化学物質 ( いわゆる環境ホルモン ) と呼ばれる、ホルモンに影響を及ぼす化学物質が、高い濃度で母乳の中に見つかった。

スイス連邦の研究プログラムが6月末発表した研究結果によると、内分泌攪乱化学物質が高い濃度で母乳の中に見つかった。原因は日焼け止めクリームや化粧品とみられ、調査対象となった54人の女性のうち、その4分の3以上に紫外線を遮断する化学物質が発見された。

生殖器や脳の発育に多大な影響

 研究者によると、この内分泌攪乱化学物質は、生殖器や脳の発育に多大な影響を及ぼすという。
「そのため、内分泌攪乱化学物質の濃度レベルとそれが及ぼす影響をもっと詳しく研究する必要がある」
 とベルンの研究プログラム委員会の委員長フェリックス・アルタウス氏は強調した。

 ネズミに障害をもたらした内分泌攪乱化学物質の濃度は、幾つかの母乳のサンプルよりわずか11倍高いだけだった。安全とされるレベルでは、100倍の差があるべきだという。

床を這う乳児や、航空機内で働く職員が一番危険

 今回の研究によると、内分泌攪乱化学物質が及ぼす危険度は、胎児や臓器や神経系が形成される時期の幼児に対して特に高く、そのため今後は、さらに広範囲に研究が行われるべきだという。

 また、内分泌攪乱化学物質は、家庭の埃や、オフィス空間、さらに航空機内の空気中にも多く含まれ、化粧品、農薬、食品といった物質から吸収するのと同じ程度の量をわれわれは自然に吸収している。床を這う乳児や、飛行機内で働く職員が一番危険な状況にいる人たちだという。

 耐火性物質は、魚、汚水などに生える植物、民家近くに住むキツネなどにも発見されるという。ただ、1つ良いニュースは、スイスの川や湖、また飲み水の内分泌攪乱化学物質の濃度はかなり低いということだ。

 研究者は、内分泌攪乱化学物質の長期にわたる観察と研究を行うよう訴えている。また科学者、工業生産関係者、政府などは一体となって、対策を模索し始めている。

swissinfo、外電 

内分泌攪乱化学物質 ( いわゆる環境ホルモン )

内分泌攪乱化学物質とは、発育上の障害や、神経、生殖器、免疫などに関する障害を、ヒトと動物に引き起こす化学物質をいう。

これには、医薬品、DDT 、ダイオキシン、ビスフェノール-Aなどのプラスチック、除草剤や殺菌剤等の農薬が含まれる。

内分泌攪乱化学物質は日常のさまざまな製品にも含まれる。ペットポトル、缶詰の缶、洗剤、食品、遊具、化粧品、農薬など。

今回の研究によると、特に胎児や臓器や神経系が形成される時期の幼児に対しての危険度が高いという。

インフォボックス終わり


リンク

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×