ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

司法手続き スイスUBSの脱税・資金洗浄ほう助を巡る裁判がフランスで開始

UBSの看板

スイスの銀行UBSは2004~11年にフランスで不法行為を犯したとして起訴された

(Keystone)

スイスの大銀行UBSの脱税と資金洗浄を巡る裁判が8日、パリで開廷した。最大50億ユーロ(約6500億円)の罰金が科される可能性がある。

UBSは長年にわたり、フランスで脱税や資金洗浄に関わったとして捜査されていた。仏当局が提案した和解金11億ユーロの支払いをUBSが拒否したため、交渉は打ち切られた。

起訴されたのはUBS本社、フランス支店と6人の経営幹部。脱税や資金洗浄容疑のほか、2004~11年の間にフランスの顧客を不法に勧誘した疑いが持たれている。

UBSはロイター通信に「6年以上の法的手続きを経て、ようやく根拠のない主張に正面から反論する機会を得た」と述べた。

フランスの刑法は資金洗浄事件に対し、洗浄資金の半分までの罰金を科すことができる。フランス検察は、UBSが税務当局から80億~100億ユーロの資産の秘匿に加担したと見積もる。

公判は6週間続く予定。

SDA-ATS/Reuters/dos

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。