ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

同性婚 同性カップルのパートナー登録が増加 スイス

同性婚

スイスではパートナーシップ制度に登録した同性カップルが増えた

(Keystone)

スイスで昨年、結婚した人は減ったが、パートナー登録をした同性カップルの数が増えたことが、連邦統計局の最新の調査で分かった。

 調査によると、昨年パートナーシップ制度に登録した同性カップルは800組で、前年に比べ6.7%増えた。

 一方、昨年結婚した異性カップルは1万4900組で4.5%減少した。離婚も1万4900組で12.8%の減少。平均の婚姻期間は15年だった。

 昨年の傾向に基づき連邦統計局は、昨年結婚した3組に1組は離婚すると予測。パートナーシップ制度に登録した同性カップルについては言及しなかった。

 パートナーシップ制度に登録するカップルは、前年に引き続き女性同士よりも男性同士の方が多かった。しかし、こうした制度を利用する女性の数は前年比32%増と急増した。男性の数はわずかに5%減った。

 昨年の子供の出生数は16年に比べ3.3%減少。合計特殊出生率は1.48だった。

swissinfo.ch/ln

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。