ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

国際オリンピック委員会 ロシア、18年冬季五輪出場禁止に

2014年のソチ五輪で掲げられるロシア国旗

(Keystone)

国際オリンピック委員会(IOC)は5日、ロシアの2018年冬季五輪(韓国・平晶)への出場禁止を決めた。ただ個人資格で「ロシアからの五輪選手」として出場する道も残した。

 スイス連邦反ドーピング機関「アンチ・ドーピング・スイス他のサイトへ」のコリン・シュミットハウザー会長は5日、「IOCの決定はクリーンなスポーツを目指すうえで重要なメッセージになる」と語った。

 スイスのローザンヌに本部を置くIOC他のサイトへはロシア・オリンピック委員会のアレクサンダー・ジューコフ会長のIOC委員資格を停止した。ソチ五輪当時のスポーツ相だったヴィタリー・ムトコ副首相を五輪から永久追放すると決めた。

 IOCは記者会見で、ロシアのドーピング疑惑を暴いたシュミット報告書が「ロシアの反ドーピングの規則・制度の改ざんを裏付けた」とした。

 報告書をまとめたIOC規律委員会のサミュエル・シュミット委員長(元スイス大統領)は記者団に「(ロシア検察機関の元所長の)グリゴリー・ロドチェンコフ氏の証言だけではなく、科学的な証拠や書類、複数の証言者がそろっている。事実としてロシアが組織的にドーピングに関わり反ドーピング違反を犯していた。14年のソチ五輪でも不正があった」と述べた。

国際的な批判

 16年夏のリオデジャネイロ五輪では、ロシア選手の完全な出場禁止は見送られた。すべての陸上と重量上げの選手は出場できなかったが、387人のロシア選手団のうち約7割が同五輪に参加した。

 だが今回は、他国や反ドーピング団体、スポーツ選手からロシアの完全排除を求める声が高まったことを受け、厳しい処分を決めた。7ヶ月後にはロシアでサッカーのワールドカップ開催も控えている。


(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×