ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

土砂崩れ災害 ボンド村の避難者、2ヶ月ぶりの帰宅喜ぶ

抱き合って帰宅を喜ぶ避難生活者


(Keystone)

百人以上が避難生活を送ることになったスイス南東部グラウビュンデン州ボンド村の土砂崩れから約2ヶ月。週末14日に65人の第一陣が帰宅した。帰宅した人々は村の広場に集まってワインで祝い、抱き合って喜んだ。

ボンド村に繋がる道路が14日、ついに通じた。8月23日にスイス史上最悪の土砂崩れが発生し、多くの住民が避難していた。家屋が損傷したほか、二次被害の可能性もあったためだ。 

一方、村の復興には何年もかかりそうだ。岩壁が崩落した周辺は未だ「危険区域」に指定され、立ち入り禁止となっている。8月の災害で崩れ落ちた量の半分に相当する岩石150万立方メートルが不安定な状態にある。

掘削機12台や大型トラック15台が1日20時間稼動して汚泥の除去作業を続けている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×