ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

外国為替 スイス競争委、三菱UFJなど5行に制裁金 カルテル参加で

為替市場


(Keystone)

スイス連邦競争委員会は6日、外国為替取引をめぐるカルテルに加わったとして、三菱UFJ銀行を含む5行に総額9千万フラン(約99億円)の制裁金を科したと発表した。

罰金を科されたのは三菱UFJのほか英バークレイズ、米シティグループ、米JPモルガン、英ロイヤルバンクオブスコットランド(RBS)。「外国為替のスポット取引(直物取引)における銀行間の競争を共謀して妨害した」とされる。

競争委は、罰金は「友好的な解決策」だとコメント。2013年から調査が行われていた。

競争委は「G10通貨(米ドル、ユーロ、ポンド、円、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドル、スイスフラン、ノルウェークローネ、スウェーデンクローナ)に関する外国為替スポット取引において、複数の国際銀行のトレーダーが2つのカルテルに加わった」とした。

「3方向のバナナスプリット」と呼ばれるカルテルには、バークレイズ、UBS、シティグループ、JPモルガン、RBSのトレーダーが関わっていた。バークレイズ、三菱UFJ、RBS、UBSのトレーダーは「エセックスエクスプレス」カルテルに参加した。各行のトレーダーが取引価格などの情報を交換していたという。

UBSは2件のカルテルを欧州委員会に通報したため、罰金の対象にはならなかった。他の複数の銀行も事実を認めて減額された。バークレイズは2700万フラン、シティグループは2850万フラン、JPモルガンは950万スイスフラン、三菱UFJは150万フラン、RBS は2250万フランだった。

競争委によると、クレディ・スイスの調査は現在も行われている。ジュリアス・ベア、チューリヒ州立銀行の調査は終了した。今回の罰金処分は最終決定ではなく、不服があれば連邦行政裁判所へ申し立てができる。

バークレイズ、シティグループ、JPモルガン、三菱UFJ、RBSはこの問題で先月、欧州連合(EU)から総額10億7千万ユーロ(約1300億円)の制裁金処分を受けた。

SDA-Keystone/sm

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。