ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

多民族国家 スイス 人口構造に変化

双子

スイスのフランス語圏で双子が大集合

(Keystone / Sandro Campardo)

スイスの外国人の割合は、近隣の欧州諸国よりも高く4人に1人。50年前と比べると大幅に増加し、高齢者と双子の割合も増えた。

連邦統計局によると、スイスの人口は2018年末時点で854万4527人だった。うち外国人が25.1%で、オーストリア(19.2%)、ドイツ(16.6%)、フランス(12.2%)、イタリア(10.2%)よりはるかに高い。

1970年の総人口は630万人で、うち外国人は約6分の1だった。

人生の変化

2018年の人口統計他のサイトへによると、年齢層も変化している。

たとえば、20歳未満は1950年に比べはるかに減少、64歳が逆に増加している。これは平均寿命の上昇と出生率の低下が影響しているという。

>>長生きするならスペインかスイスへどうぞ

1970年では、人口の約3分の1が65歳前に死亡したが、2018年は13%に低下。全体の46.8%が、85歳に到達すると予想される。

1人の女性が一生の間に産む子供の数(合計特殊出生率)は1.52(1970年は2.1)。しかし、多胎児の出生数は過去30年間で増加し、双子の割合は1970年の1%から2018年の1.8%に増えた。

独身世帯の数も増えている。調査は「1970年以降、独身世帯の数は3倍、子供のいないカップルの数は倍増した」という。独身世帯の割合は35.5%だった。

Keystone-SDA/FSO/ilj

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。