ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

学習に終わりはない 50歳のからの職業訓練

アンドレアス・ビュティカーさんは、50歳を過ぎてから職業訓練を始めた。彼の成功例は他の人の参考になるだろうか?

もとはオーディオ機器の技術者だったビュティカーさんは、生産管理者として働いていた。職を失い、50歳を過ぎてからの仕事探しは思ったより難航した。職業資格を正式に認める証明書がなければ、長年職場で培った経験も何の役にも立たなかったのだ。

ソロトゥルン州が始めたプロジェクトの一環で、ビュティカーさんはある会社で3カ月間、研修生として仕事をスタート。めでたく正社員としての就職が決まったのだ。試用期間中は賃金の代わりに、失業保険制度の日当を受けていた。

スイスでは、50歳以上の失業者が新しい就職先を見つけるのは難しい。たとえ長年の経験があっても、若い世代の応募者は教育や持っているスキルが違う。スイスでは採用者の年齢範囲を求人広告で指定しているケースもあり、最初から高齢者を除外していることがある。 

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。