ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

宇宙への新しい窓 アインシュタインが予言した重力波を初観測!


二つのブラックホールが合体したときに出たと思われる重力波のイメージ

(MPI für Gravitationsphysik)

100年前アインシュタインがその存在を予言した「重力波」が、初めて観測された。米国の研究チームが11日発表した。これを受け、スイスのメディアもこぞってこの話題を大きく報道した。これを機に、アインシュタインとスイスの関係を詳しく取り扱ってきたスイスインフォの過去記事も紹介する。

アインシュタインとスイス

一般相対性理論から100年 アインシュタインの生家と住居、二つは観光ライバル

南ドイツのウルムには、観光的に少々軽んじられているアインシュタインの生家がある。一方スイスの首都ベルンには、アインシュタインが暮らした住居があり、ここで彼は相対性理論に取り組んだ。どちらの町にも大聖堂があり、どちらの町でも「物理学が生んだ初のポップスター」といわれる天才アルベルト・アインシュタ...

 ドイツ・ウルム市で生まれたアインシュタインはスイス・チューリヒの連邦工科大学(ETHZ)で物理学を学んだ後、1901年にスイス国籍を取得。1902年から09年までベルンの特許庁に勤務するかたわら研究を続け、05年に「特殊相対性理論」を生み出した。

 彼がベルンで暮らしたアパートは現在、アインシュタインの記念館「アインシュタイン・ハウス」になっている。

 14年に再びチューリヒに戻ったアインシュタインは、16年に一般相対性理論を発表した。

極小のひずみを「巨大」な物理学者が予言

 こうした経緯から、ドイツ語圏の日刊紙ターゲス・アンツァイガーなど数紙は、アインシュタインがスイス・ベルンで一般相対性理論の基礎を作り上げた事実を強調しながら、「アインシュタインの重力波を証明する、確信的な観測結果が得られた」と報道した。

 また、「研究チームが観測したのは、地球から13億光年離れた二つのブラックホールが合体したときに出たと思われる重力波で、それは水素の原子核の1万分の1程度のひずみという極めて小さなものだが『巨大な』物理学者の計算は正しかったのだ」と、褒め称えた。

特殊相対性理論100年 アインシュタインをたたえる特別企画展

ベルン歴史博物館は2005年、「特殊相対性理論100年」を記念して天才物理学者アインシュタインをたたえる特別企画展を開いた。

暗黒物質などの研究にも新たな領域

 一方、フランス語圏の大衆紙ル・マタンなどは、この観測が「宇宙に対して新しい窓を開いた。今後、宇宙そして地球は今までとは違ったように見えてくる」と書いた。 

 ル・タン紙は、さらに一歩踏み込んで、「今回の観測結果は、アインシュタインの計算の正しさを証明しただけでなく、ブラックホールの研究や目には見えない暗黒物質(ダークマター)などの研究、星の中心部の研究、さらにはビッグバンという宇宙の膨張が始まった初期の段階の研究などの分野にも、新しい地平を開くことになるだろう」と、将来の研究に大きな期待を寄せた。

Olivier Paucherd &里信邦子、swissinfo.ch

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。