ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

山のレジャー スイスの山の死亡事故、2年連続減少 昨年は154人

マッターホルン

スイスアルプスを代表するマッターホルン

(Keystone)

スイスの山で発生した死亡事故が2年連続で減少した。スイスアルペンクラブ(SAC)によると、昨年、登山やスキー中の事故などで死亡した人は154人で、前年より8%減少した。例年に比べ雪が少なかったこと、夏場に不安定な天候が続き登山客が少なめだったのが要因という。

 原因は登山、ハイキング中の事故、高山病のほか、スキー、マウンテンバイク乗車中の事故など。前年は179人、15年は213人だった。

 このうちハイキング、登山中の事故による死者は103人で、前年比8%減。スキー登山、ロッククライミング、雪崩による死亡事故はいずれも減少した。ただハイキング中の事故で死亡した人は前年比11人増の54人だった。SACによると、103人のうち、外国人は43人。隣国ドイツ、イタリアが目立った。

 また、性別でみると、男性が女性の4倍以上に上った。

 スイスのアルプス地方、ジュラ山脈地方で救助隊に助け出されたのは2712人に上り、前年に比べ4%減少した。

 SACは数が減少した主な要因として昨年1~4月の山間部の雪不足を挙げた。また夏場に天気が変わりやすい状態が続き、観光客の足が遠のいた可能性があるという。

SDA-ATS/dos

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。