Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

山の事故


邦人男性、スイス南部を下山中に転落死


説田英香、外電


スイス南部のヴァリス(ヴァレー州)で今月7日、日本人男性(57)がツィナールロートホルンの下山中に標高3930メートルの地点から滑落する死亡事故が起きた。

 転落した男性は氷河に体を打ちつけ、その場で救急隊により死亡が確認されたと、ヴァリス州の警察が発表した。

 日本の在ジュネーブ領事事務所によると男性は旅行でスイスに来ていたという。しかし、それ以上の情報を得ることはできなかった。

 先週末には日本人男性を含め、少なくとも5人がアルプス山脈で死亡する事故が起きた。そのうち2人はスイス人男性でそれぞれ別の山で転落死、他2人は4日から行方がわからなくなっていた英国人男性で、彼らはマッターホルンで凍死しているのが発見された。

 スイスでは山の死亡事故が多い。先月の11日にも同州のモンテ・モロ峠を登山中の日本人男性(73)が15メートル下の斜面に転落し、死亡する事故が起きている。

 スイスアルペンクラブの統計によると、2015年に山中で起こった死亡事故の数は213件と14年の162件に比べて増加している。そのうち山でのスポーツ中に起こった死亡事故は142件で、中でも登山中の死亡事故が91件と圧倒的に多い。15年には山中で起きた日本人の事故は2件だった。


メールアドレスをご登録いただいた方に、トップ記事を配信しています。是非ご登録ください。

swissinfo.ch

×