ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

帰属を巡る闘い スイス・州境の町ムーティエ、州移籍の正当化訴えデモ 住民投票への無効判定受け

キャンドルや州の旗を掲げてのデモ行進

デモの参加者はジュラの州旗を掲げたり、赤いテープで口をふさいだりした

(Keystone)

スイス北西部のベルン州ムーティエで9日、ジュラ州への移籍を決めた住民投票を無効とするベルン州当局の決定に対する抗議デモが行われた。5千~1万人が街でロウソクに火をともし、厳かに異議を唱えた。

デモの呼びかけ人はこの日のデモを「民主主義の要求」だと説明した。市庁舎前でシュプレヒコールを上げ、5日に下された無効決定への抗議を続けるよう呼びかけた。ただ同時に、冷静さを保つ大切さも伝えた。

2017年6月18日、ドイツ語圏のムーティエはベルン州からジュラ州に移籍する案を住民投票で可決した。4千人の有権者が投票し、88%との高投票率を記録した。

≫17年6月、割れるムーティエ住民

投票後、ムーティエに実際には住んでいないのに有権者として登録し投票した離脱推進派がいたとの疑惑が浮上。調査に当たったベルン州当局は今月5日、7件中6件の異議申し立てに正当性があり、投票を無効とみなすと発表した。ムーティエの行政府が「許容できないようなプロパガンダ」を展開し、「有権者に道を誤らせた」との理由だ。

離脱推進派は、州の判定を「政治的判断」と批判し、投票の無効に断固抗議すると主張。上訴の可能性や投票のやり直し案も出ている。

こうした経緯はスイスの領土形成の歴史に因縁がある。フランス語圏のジュラ州は1979年、ドイツ語圏のベルン州から分離独立する案を住民投票で可決し、26番目のスイスの州となった。それ以来、州境沿いの自治体ではどちらの州に属するかという問いが断続的に提起されている。

連邦共和制と地理的条件 スイスの26州制度は時代遅れ?

スイスでは、地方行政区画の境界線を巡ってたびたび論争が起きている。州の数を減らし、大きな州に自治体を再編する案があるが、国民投票にかけられたとしても惨敗が目に見えている。事実、スイス人はこの昔ながらの州の境界線に良くも悪くも非常にこだわりがあるようだ。 ...

Keystone.SDA/jc

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。