ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

惜別 米社会問題をあぶりだしたスイス人写真家ロバート・フランク 94歳で死去

Robert Frank

ロバート・フランクさんは一時期映画制作にのめりこんだあと、再び写真を撮り始めた

(Keystone / Walter Bieri)

スイス人とアメリカ人の血を持つ写真家ロバート・フランクさんが10日、カナダ東部ノバスコシア州インバネスで死去した。94歳だった。

1924年チューリヒ生まれ。20世紀で最も影響力のある写真家の1人と言われた。1950年代に米国に渡り、人々の日常生活を写して当時の米国の「リアルライフ」を描写した。

ロバート・フランクさん(2012年)

(Daniel Rihs / 13 Photo)

1958年に出版した写真集「ザ・アメリカンズ」は彼の代表作だ。83枚の写真を通して、50年代の米国が抱えていた社会問題をあぶりだした。そうした問題の一部はいまだに解決の日を迎えていない。

出版当時、米国では「反アメリカ的だ」と酷評された。

「ロバート・フランクの写真集は異端なほど違う視点から1950年代の米国社会を捉えた。『ライフ』誌など当時の米国雑誌がアメリカの楽観的で明るいイメージに光を当てようとしたのとは対照的だ」。ナショナルギャラリーオブアート(ワシントン)の写真コレクション部のサラ・グリーノウ部長は10年前、スイスインフォの取材にこう語っている。

60年代に入ると映画作りに転じた。処女作「Pull My Daisy」は、米国人作家ジャック・ケルアックの未完の舞台「ザ・ビート・ジェネレーション」の一場面をもとにした。他に30作品以上を制作。ローリングストーンズのツアーのドキュメンタリー映画もある。

80年代からは再び写真の世界で活躍した。2009、10年にはナショナルギャラリーオブアートとジュ・ド・ポーム国立博物館(パリ)でフランク作品の大きな回顧展が開かれた。

さまざまな受賞歴を持つフランクさんは2回結婚し子供を2人もうけた。

Galeria de imagens originais de Robert Frank

swissinfo.ch/mga

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。