Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

技術と人間の限界を超える挑戦


ソーラー・インパルス2 来春に再出発、 パートナー企業の支援は?




ハワイの機体収納庫内で「身体を休める」ソーラー・インパルス2。翼の表面もかなり損傷している (Solar Impulse/Revillard/Rezo.ch)

ハワイの機体収納庫内で「身体を休める」ソーラー・インパルス2。翼の表面もかなり損傷している

(Solar Impulse/Revillard/Rezo.ch)

スイスの電動飛行機ソーラー・インパルス2は1カ月前の7月3日、日本・ハワイの5昼夜ノンストップ飛行目標を貫徹しハワイに降り立った。しかし、飛行中過度に断熱したためバッテリーがオーバーヒート。その損傷は大きく、世界一周の旅は、ほぼ半ばで中断。来春までハワイにとどまることになった。しかし、延期には経費がかかる。パートナー企業からの支援は続くのだろうか?

 「ソーラー・インパルス計画に参加する約120人のスタッフの給料と飛行にかかる経費を合計すると、来年の飛行に約2千万フラン(約25億円)が必要になる」と、計画の発案者で操縦士でもあるベルトラン・ピカールさんはスイスインフォに対し話した。

 スタッフの多くは、本来の仕事を中断してこの計画に参加した人たち。いずれにせよ、この夏の終わりには契約が終了することになっていた。「ただ中には、来年も仕事が続けられる保証が必要な人がいる。つまり、来春に飛行を再開するということは、まったく新しい組織作りが必要だということだ。今年中に完了していれば、問題はなかったのだが…」とピカールさんは続けた。

バッテリーの極端な断熱が災い

 最大の難関といわれた日本・ハワイ間の5昼夜連続飛行の後、飛行を延期した主な原因は、極端な断熱が災いし、バッテリーがオーバーヒートしたからだ。今後ハワイで、四つのバッテリーを取り替える必要がある。特に断熱の度合いを減少させ、オーバーヒートを防ぐための換気装置が必要になる。

 「ハワイに向け日本を飛び立ったとき、初めのうちバッテリーを極度に断熱した。そのうえ急上昇させたためオーバーヒートした。だが、断熱の作用がその後も続き、温度を下げることができないままハワイに着いた。このミスを今後改良しなくてはならない」とピカールさんは説明する。

 新しく改良されたバッテリーは、9月か10月には完成するという。しかし、秋に入ると一日の日照時間が短くなるため、ソーラーエネルギーが不十分になり世界一周の旅は続けられない。

 そして来春まで待つ間、次のチャレンジに向けての経費を確保しなくてはならない。

数社がすでに支援を約束

 だがピカールさんは、かなり楽観的にこう語る。「今まで資金援助してくれたパートナー企業のいくつかが、すでに計画続行の支援を約束してくれた。というのも、この段階までだけでもパートナーにとっては大きな成功になったからだ」。「延期は、ある意味でパートナーにとっても良い結果だ。さらに長期に企業を宣伝できるわけだから。今年の冒険は、世界中の人々にたくさんの想像をかきたてた。だから、来春の再スタートはもっと爆発的な人気を呼ぶだろう。(そうすれば、パートナーの知名度はさらに高まるだろう)」

 企業ではないが、パートナーの一つとして、スイス政府も参加している。政府は、当初の予算1億500万フランのうち、600万フランを提供している。

 一方、計画を支援する主要パートナー企業4社の一つに、エレベータ製造大手シンドラーエレベータがある。同社の広報担当、フロリアン・マイヤーさんは、「ソーラー・インパルス計画は、今最も興奮に満ちたクリーンテクノロジーのプロジェクトだ。われわれは、飛行機が世界一周を成し遂げる最後のときまで、パートナーシップを続けていく」と宣言する。「支援額は明かせないが、ソーラー・インパルス計画と密接な関係を続け、他のパートナー企業と一緒に良い方向での解決を探っていく」

 4社のうちのもう一つ、ベルギーの化学大手ソルベイも同じような考えだ。ソーラー・インパルス計画が発足したのは13年前だが、「12年前、初の支援企業として契約したときは、まだアイデアがあるだけといった状態だった。実現可能度の調査さえされていなかった。その後2004年からは、各発展の段階に付き添ってきた。この計画と一体化している。リスクも承知のうえだ」と同社の広報、ラミア・ナルシスさん。

 ソルベイはパートナー企業として資金援助するだけでなく、ソーラー・インパルス機に潤滑油や軽材料を提供している。「ソーラー・インパルスチームと、次のステップに向けて毎日のように話し合いを続け、可能な『最良のシナリオ』を探っている」(ナルシスさん)

技術と人間の忍耐力の限界を超えた

 主要パートナー企業4社のさらにもう一つが、スイスの電気技術会社ABBだ。ソーラー・インパルス2のプロペラの部分に描かれた「ABB」の文字でおなじみの同社も、2016年の支援を続けていくと表明する。

 「ソーラー・インパルス2は、技術の限界と人間の忍耐力の限界を超えて前進している。来年まで飛行延期を宣言したのも、そのこと自体がいかに大変な挑戦かということを示している。同時に、この段階ですでに世界一周の半分の行程を達成し、数々の新記録を打ち出してきた。われわれは、この計画に参加していることを非常に誇りに思う」。「また、(今回の延期にしろ、日本への着陸にしろ)リスクをきちんと計算し、人命を不必要に犠牲にしないということこそ、イノベーションということの基本の態度だ。来年には、世界一周を必ず達成するという信頼を彼らに置いている」

 そして最後の主要企業、スイスの時計大手オメガ・ウォッチも、他の3社同様に、支援続行を約束して、こう表明する。「ソーラー・インパルス計画が2016年も続くことになったが、我が社は誇りを持って計画を支援していく。今まで続けてきた技術的支援においても、注いできた情熱においても変わることはない」

 「また、これほどの規模のプロジェクトには、いつも新しい挑戦が付きまとう。そのことを理解しているからこそ、今回の出発延期の決定にも賛成し、来春の再出発に対し期待を持って見守っている」



(英語からの翻訳・編集 里信邦子), swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×