Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

新紙幣


スイス中銀 新50フラン札発表



スイスの新50フラン札。スイスの四つの公用語が使われている (Keystone)

スイスの新50フラン札。スイスの四つの公用語が使われている

(Keystone)

スイス国立銀行(中銀)は6日、新しい50フラン(約5700円)を発表した。偽造防止のために、輝くタイプのインクや特別な繊維などを使い、計15種類の特殊性を備えているという。

 新紙幣は、4月12日からATMや銀行および郵便局の窓口で入手できる予定で、しばらくのあいだは旧紙幣と新紙幣が流通する。ただしその後、スイス中銀は旧紙幣を回収し、処分していくとしている。

新紙幣のデザインは「手」がテーマ

 スイス中銀は6日の記者会見で、当初の予定より6年遅れて発行する新50フラン札は、「革新的な戦略」にのっとり素材や製造技術を一から開発したと説明した。

 デザインを手がけたのは、マヌエラ・プフルンダーさん。「見た目と技術を考慮に入れながら、小さな一枚の紙にデザインを描くのはとても難しいことだった。だがとても面白い仕事だった」と語った。

 これまでの紙幣では人物が中心に描かれてきた。現行の50フランは、幾何学的抽象やダダイズムの旗手でスイスの女性アーティスト、ゾフィー・トイバー・アルプの顔だ。ところが、新50フランに登場するのは「手」。この「手」をデザインした理由をプフルンダーさんは、次のように説明している。「手という、ある意味で原始的で直接的な『道具』があれば、すべての人がお金の取引をすることができるから」

ほかの紙幣も新しく

 スイスでは今後、ほかの紙幣も新紙幣に変わる。1年後には新しい20フランが流通し、次いで10フラン札、200フラン札、千フラン札が市場に出る予定だ。

 こうしたすべての新紙幣は旧紙幣同様、紙幣の金額が大きくなるに連れて紙幣の大きさも増していく。つまり10フランが一番小さく、千フランが面積的に一番大きくなる。

 また色においては、新紙幣も旧紙幣のものと同じにする方針だ。そのため、今回新しく発行される50フランの色は、前と同じく緑色のトーンになっている。

swissinfo.ch

×