ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

映画の中のハイジ スイスのアイドル「ハイジ」を演じた子役たち

子役を演じることは容易ではない。俳優を続けたり、または別の分野で活躍したりする子役もいるが、世間の注目を浴びながら成長していくことが、強いプレッシャーになることもある。ハイジを演じた少女たちは、その後どうなったのだろうか?

アルプスの少女の物語は、100年近くも、観客それから映画プロデューサーたちを魅了してきた。素晴らしい風景とかわいい女の子、そしてハッピー・エンドが組み合わされたハイジの映画は、スイスから日本、ハリウッドやインドのボリウッドに至るまで、各国で成功を収めてきたようだ。

だが、原作者のヨハンナ・シュピーリは主人公ハイジをどう見ていたのだろう?シュピーリはハイジの外見については詳細な描写をせず、「浅黒い肌の下に赤い炎が隠れているかのように、頬の輝く小さな女の子(中略)。5歳にも満たないくらい」と書いている。クララがハイジに「ずっとそんなに短い縮れ毛だったの?」と聞く場面もある。

映画のプロデューサーたちはハイジの年齢を少し上げて、10歳前後の子役を起用している。ハリウッド版ハイジでは、くるくるの巻き髪がトレードマークだったシャーリー・テンプルを除けば、ほとんどが金髪の三つ編みだった。だが、シュピーリの描写に一番近かったのはおそらくカティア・ポレティン、そして間もなく公開される最新作のアヌーク・シュテファンではないだろうか。

ハイジを読んだとき、あなたはどんなハイジを想像していただろうか?

(文・Thomas Stephens、swissinfo.ch)

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。