ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

暮らしの生命線 ミニケーブルカー存続危機をどう救う?

※ スマートフォンで映像の字幕が表示されない場合は、横画面でご覧ください。

スイスには数百台のミニケーブルカーが存在するが、その半分は存続の危機に直面しているのが現状だ。山岳地帯に住む人々の暮らしに欠かせないこれらのケーブルカーを存続させるべく、エンジニアでケーブルカー専門家のレト・カナーレさんが問題解決に取り組んでいる。(SRF/swissinfo.ch)

(英語からの翻訳・大野瑠衣子)

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。