ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

有機農業 スイスでオーガニック食品の人気加速 3300億円市場に

たまご

オーガニック食品認証機関ビオ・スイスによると、鶏卵市場における有機卵のシェアは4分の1以上に上る

(Keystone)

スイスでオーガニック食品の人気が止まらない。オーガニック食品の総売上高は初めて30億フラン(約3300億円)を突破。2018年は消費者が一人当たり360フラン(約4万円)のオーガニック食品を購入した。週に数回以上購入する人は消費者全体の約56%に上る。

オーガニック食品の認証機関ビオ・スイス他のサイトへによると、総売上高は2017年の27億フランから13.3%増加した。前年と同様、購入場所の4分の3はスイスの大手スーパーマーケットチェーン、コープ他のサイトへミグロ他のサイトへだった。

増加に大きく貢献したのはスイスのフランス語圏だった。市場シェアはドイツ語圏の方が大きいが(10%)、フランス語圏が2017年の8.8%から2018年は9.9%と最大の伸び率を記録した。イタリア語圏のティチーノ州は8.6%。

すべての製品グループで売上高が増加し、市場シェアを広げた。新鮮な無農薬の野菜や果物は依然、最も人気だ(それぞれ60%と59%)。

有機卵は卵市場の4分の1以上(27.6%)を占め、焼きたてのオーガニックパンは25.3%、有機の野菜やいも類は21.8%。ビオ・スイスは「オーガニックは三つの製品グループの市場で、重要な地位を確立している。他の製品グループもそれに続くだろう」と期待を込める。

有機農産物に対する消費者の需要の高まりを受け、国内農家も有機農業にシフトしている。 ビオ・スイスによると2018年末、有機農産物を生産する農場は6719件で、前年より296件多かった。有機農業は農業用地全体の15.4%を占める(低地の10%、山間部の23.6%)。

Keystone-SDA/jdp

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。