ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

朝鮮半島情勢 金正恩氏の妹・与正氏、スイスのベルセ大統領と握手

アラン・ベルセ大統領と金与正氏

平昌五輪の会場でスイスのアラン・ベルセ大統領と握手を交わす金与正氏

(Keystone)

韓国・平昌(ピョンチャン)で開催中の冬季五輪で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の実妹・金与正(キム・ヨジョン)党中央委員会第1副部長がスイスのアラン・ベルセ大統領に遭遇し、握手を交わす一幕があった。

 2人が遭遇したのは、スイスと南北合同チームが対戦した女子アイスホッケーの開幕戦後。与正氏は北朝鮮の高官級代表団の一員として韓国を訪問していた。ベルセ大統領は9日の五輪開幕式で、和平実現に向けた働きかけの一環として組織された合同チームの重要性を強調していた。試合は8対0でスイスが制した。

 与正氏は先代・金正日(キム・ジョンイル)総書記の「3番目の妻」高英姫(コ・ヨンヒ)の子で、正恩氏の実妹。独語圏のスイス公共放送(SRF)他のサイトへによると、血縁があるだけに正恩氏との結びつきも強い。1996年から、正恩氏と同様にスイス・ベルンに留学した。2人はスイス滞在中、側近によって厳重に保護されていたという。

 正日氏は、幼少期から政治に関心を持っていた与正氏を称えていた。正恩氏や次男の金正哲(キム・ジョンチョル)氏、17年にマレーシアで暗殺された長男の金正男(キム・ジョンナム)氏よりも気に入っていたとされる。

 正恩氏の政権掌握以来、与正氏も政界の頂点に君臨している。朝鮮労働党で税制、国家メディアや文化を担当し、正恩氏のイメージ戦略に貢献。昨年10月には30歳の若さで党中央委員会政治局員候補に選出された。

 初めて北朝鮮メディアの前に現れたのは09年、正日氏がある農業大学を訪問したのに随行した際だ。同国では血縁が何よりも重要とされ、今では正恩氏の助言者として影響力を持つ。

 米国は先月、与正氏が北朝鮮の国民の人権を侵害したとして、米国内の銀行口座や不動産を凍結する人物のブラック・リストに載せた。与正氏が国のプロパガンダに寄与していることを理由に挙げた。一方、国連による海外渡航の禁止人物リストには与正氏の名はない。

 北朝鮮情勢に詳しいジャーナリスト、マルティン・フリッツ氏はSRFの取材に対し、「家父長的な思想の強い北朝鮮では、若い女性がリーダーになれるかという想像は現実的ではない」と解説。正恩氏の後継者には実子が就くとみられ、与正氏は政治的な脅威ではないとされる。与正氏を平昌に送り込んだのも、こうした安心感が背景にあるという。


(独語からの翻訳&編集・ムートゥ朋子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。