ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

東証、午前終値は2万2488円

 12日午前の東京株式市場は前日の米国株安が重荷となり、売り注文が出て日経平均株価(225種)は続落した。米国と中国の貿易摩擦激化が警戒され、一時200円超下げ、取引時間中として約1カ月ぶりの安値を付けた。一方、急速に下げ幅を縮める場面もあり、値動きは不安定だった。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。