ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

気になる懐具合 「スイス人は高給取り」の実態は?  職業10種、明暗分かれる

確定申告書類に記入

確定申告書の上は、社会保険料の控除だけが職業に関わらず同じ割合だ

(Keystone)

チューリヒ州経済労働局が2018年の年次報告書をまとめた。「スイス賃金総覧」と題する報告書は、スイスの給料事情を概観する強力な指標だ。

 給料が高いことで知られるスイスだが、実際にスイス人がどれくらい稼いでいるのか、具体的な収入を把握するのは難しい。同じ職業でも地域や性別、経歴、学歴によって大きく異なるからだ。

 そのなかで、賃金総覧は全国9400人の収入データをまとめており、スイスで支払われる給料の代表的な絵姿をつかむことができる。とりわけ気になる職業10種の懐具合を見てみよう。

1)    外交官

高級車に立つスイス国旗

賃金総覧によると、外交使節のトップを務める外交官は平均月1万3555フラン(約150万円)。最も給料の高い職業の一つ

(Keystone)

2)    軍隊訓練官

講習を受ける兵士ら

2006年に比べ22%賃金が上がった軍隊訓練官は、賃金上昇幅が最も大きい職業の一つ。現在の月収は8192フラン

(Keystone)

3)    小学校教諭

小学校の授業

小学校教諭も06年比で36.4%賃金上昇率が上がり、平均月収は6981フラン。ただ州によって差が大きい

(Keystone)

4)    ジャーナリスト

カメラとマイクを取材先に向ける記者

ジャーナリスト歴3年の月給は平均6440フラン。ただ業界の「推奨額」にすぎない

(Keystone)

5)    助産師

助産師に抱かれる新生児

連邦統計局によると、全職業の月給の中央値は6189フラン。助産師の月6229フランという収入は、この中央値にかなり近い

(Keystone)

6)    左官工

レンガを積む左官

一般的に「とび職」の給料は低いとされる。だがスイスではそうとは限らない。4年以上経験を積んだ左官工なら月に平均5553フランを稼ぐ

(Keystone)

7)    保育士

子供と遊ぶ保育士

保育士も06年比で32.7%と大きく給料が上がった。チューリヒ州では平均月収4977フラン

(Keystone)

8)    大工

二つの木材

大工は06年から給料が下がった数少ない職業の一つで、5.3%減った。資格のある大工の月給は4435フラン

(Keystone)

9)    書店員

積み上げられた本

左翼政党や労働組合は全ての職業の最低賃金を月4000フランにするよう求めている。書店員の初任給はちょうどこの額だ

(Keystone)

10)    タクシー運転手

並ぶタクシー

タクシー運転手も収入が大きく下がり、06年で15.4%減った。現在の平均月収は3200フランと最も低い

(Keystone)

 国外からみれば、どんな安月給でもスイス人が羨ましいかもしれない。だがスイスでは生活費も極めて高く、月6000フラン稼いでも湯水のようにお金を使えるわけではない。


(独語からの翻訳・ムートゥ朋子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。