ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

海外流出 ネスレ、チョコレートの研究所を英国に移転

ドリス・ロイトハルト経済相とネスレ役員のペトラエア・ハイニケ氏

2009年、ブロに開業した「チョコレートセンター・オブ・エクセレンス」を視察するドリス・ロイトハルト経済相(左)とネスレ役員のペトラエア・ハイニケ氏

(Keystone)

スイスの食品大手ネスレはスイス西部フリブール州ブロにある研究所「チョコレートセンター・オブ・エクセレンス」を英北部ヨークに移転する。所員25人には配置転換を提示する。ブロにあるチョコレート工場の雇用に影響はない。

 スイス国内では一部メディアが移転計画と、移転に伴い25人はヨーク、ブロなどネスレグループ内での配置転換が提示されると報じた。ネスレ広報は18日、報道内容を認めた。移転の狙いは「グローバルな技術革新のスピードと機敏さを向上する」。昨秋に始まった大規模な事業再編の一環でもある。

 ブロの研究所は2009年、2500万フラン(約28億7500万円)をかけて創設した。ネスレは代わりに欧州や中東・北アフリカのチョコレート関連事業をサポートする技術部門を置き、15人を雇用すると計画している。

 ネスレは同日、14人で構成する取締役員会の体制を見直し、新たに3人の外部役員を任命する計画も明らかにした。「モノ言う株主」として知られるダン・ローブ氏が昨年6月、同社を「古いやり方に捕らわれている」と批判していた。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。