ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

熱狂の先にあるもの ビットコインとブロックチェーンを支える技術

ただのたわ言か、あるいは、およそ全ての価値あるモノの取引方法を変える革命的な技術か。

分散型台帳技術(DLT)とは一体何か。どのような仕組みで、誰が利益を得るのか。この動画ではフィクションと事実を分け、熱狂の先にあるものを見ていく。

DLTは、初めはビットコインのような仮想通貨の基盤技術として使われたが、この10年で他の多くのアプリケーションでも利用されるようになった。DLTの最もよく知られた活用例はブロックチェーンだ。ブロックチェーンは未来の技術として絶賛される一方で、詐欺やマネーロンダリング(資金洗浄)の道具だと酷評されてもいる。

銀行や弁護士といった第三者機関を介することなく安全にデータを保管・取引することができるからだ。コストの削減や取引の迅速化にもなるとDLTの支持者は指摘する。

DLTは個人情報や個人資産の管理方法を変えると注目されてきた。資金調達からサプライチェーンまでビジネスへの活用例は数え切れない。

さらに、この技術を使えば、偽造品の取引防止に取り組む、搾取や詐欺からデータを保護する、システムの全利用者が承認した取引履歴を時系列で正確に記録する、といったことが可能だ。

動画をご覧になり、DLTに対するご意見をお聞かせください。


(英語からの翻訳・江藤真理)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。