ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

独占禁止法 スイス行政裁、SIXグループに7.6億円支払い命令

SIXグループオフィスの玄関

スイスの金融市場で重要な役割を占めるSIXグループに、独占禁止法違反があったとスイス行政裁判所が判決を下した

(Keystone)

スイス連邦行政裁判所は22日、スイス証券取引所を運営するSIXグループが支配的市場地位を乱用したとして700万フラン(約7億6千万円)の課徴金支払いを命じた。

行政裁によると、独占禁止法違反があったのは2005~07年。課徴金はSIXグループと元子会社のSIXペイメントサービスの双方に課された。ペイメントは18年11月に仏ワールドラインに売却他のサイトへされており、SIXグループは「課徴金の支払いはワールドラインに一任されている」とスイス通信にコメントした。

2005~07年にクレジットカードに新しいセキュリティ機能が導入され、対応する決済端末を設置しない加盟店は、カードが悪用された場合に法的責任を問われることになった。加盟店は新端末を設置せざるを得なくなり、カード決済市場における支配的地位の乱用があったと認定された。

今後の判例に

スイス公正取引委員会が2010年にSIXペイメントに課徴金支払いを命じたのに対し、SIXグループが反論。行政裁に持ち込まれた。行政裁は今回、約60点の法的な争点について結論を出した。うち約20点は今後の裁判の指針となる判例を確立した。判決は「独占禁止法におけるいくつもの論点に関して、裁判がこのように解答を出している」と締めくくった。

ただ行政裁の判決は最終決定ではなく、SIXは連邦最高裁判所に上訴できる。SIXペイメントはswissinf.chの取材に対し、「判決を精査し終えるまで、次の手続きは未定」と答えた。

Keystone-SDA/ds

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。