ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

知的財産 世界の国際特許出願件数、スイスは8位 日本は3位

WIPOの本部

ジュネーブにあるWIPO本部

(Keystone)

世界知的所有権機関(WIPO)は21日、昨年の国際特許出願件数の統計を公表した。国別ではスイスが8位、日本は前年よりランクを一つ落として3位だった。デザインなどを対象にした意匠登録では、スイスは2位だった。

 WIPOによると、スイスの国際特許出願件数は4491件(前年比2.8%増)で、前年より順位を一つ上げた。1位は米国で5万6624件、中国が前年比13.4%増の4万8882件で日本を抜き2位。3位の日本は前年比6.6%増の4万8208件だった。全体の出願件数は24万3500件で、前年比4.5%増。日本と中国の躍進が件数を押し上げた。

 出願者別では、中国の通信機器大手の華為技術(ファーウェイ、4024件)、中興通訊(ZTE、2965件)が1、2番手を独占。米インテル(2637件)、日本の三菱電機(2521件)、米半導体大手クアルコム(2163件)が続いた。WIPOは、現在の状況が続けば中国が3年以内に米国を抜いて世界最大手の出願国に躍り出ると予測する。

 スイスの企業では重工業大手ABBが328件、ローザンヌに統括本部がある米たばこ大手フィリップモリス・インターナショナルが268件。スイスは医療技術部門の出願が最も多く、梱包、輸送、電気機器などの部門も目立った。

 WIPOのフランシス・ガリ事務局長は21日、ジュネーブで開かれた記者会見で、スイスの功績を「人口や国のの規模が小さいのに反して極めて重要である」と述べた。

 商標の国際登録出願件数は前年比5%増の5万6200件。国別では米国が7884件で最も多く、スイスは6.6%増の3272件で6位。出願者別ではバーゼル拠点の製薬大手ノバルティスが96件で4番目に多かった。

 意匠の国際登録出願件数は前年比3.8%増の1万9429件。国別ではドイツが最多の4261件、次いでスイスの2935件。スウォッチ・グループは前年に比べ98件少ない285件で、出願者別で9位だった。

ATS-SDA/sb

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。