ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

科捜研の男 命を救うために銃を撃つ

銃弾が身体を突き抜けたらどうなる?どのように頭蓋骨が壊れ、血が飛び散るのか?――おぞましい想像だが、発砲事件・犯罪の捜査には不可欠な研究だ。法医病理学者のクリスティアン・シマさんはベルン法医薬学研究所の研究室で、ゼラチンの塊や絵の具を使ってさまざまな銃弾がどのような動きをするのか調べている。(SRF/swissinfo.ch)


(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。