ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

移民政策 不法移民に手を差し伸べた人を厳しく罰するスイス

ノルベール・ヴァレー

不法移民に救いの手を差し伸べた罪に問われているノルベール・ヴァレー牧師

(© Keystone / Jean-christophe Bott)

不法移民に食事やお金、寝床を提供することは、どんなに高尚な理由があってもスイスでは違法だ。毎年、何百人もの人々が外国人法に違反したとして有罪判決を受けている。宗教コミュニティ、関連団体、政治家はこの「連帯の罪」を合法化するよう求めている。

2017年2月12日の日曜日、ノルベール・ヴァレー牧師がジュラ地域にあるル・ロックルのプロテスタント教会前で説教をしていた。すると仲間が突然、教会の入り口に警察がいると知らせてきた。牧師は一時中断し、その警察官のところに行くと、警察で取り調べを受けなければならないといわれた。自分が、外国人に関する法律に違反した疑いがあるというのだ。

外国人法第116条第1a項

「いかなる人も、スイス国内外において、不法滞在する外国人のほう助、あるいはその準備、またはその入国、出国を手助けした場合、最高1年の懲役または罰金刑が科される」

インフォボックス終わり

2018年8月、ヴァレー牧師は条件付き罰金1千フラン(約11万円)と裁判費用250フランを負担する略式命令を受けた。彼の罪状は「教会コミュニティのメンバーが、難民申請が却下され非常に不安定な状況にあった男性に対し、避難所を与えた」というものだった。牧師はこれを不服として控訴した。

そして今日11日、牧師に対する検察の予備審理がヌーシャテルで行われる。牧師は必要なら欧州人権裁判所に訴え出る構えだ。

785人の有罪判決

ヴァレー牧師のような事例はいくらでもある。2008年の外国人法改正以来、動機がいくら素晴らしくても、不法移民を援助することは違法になった。その一例を紹介する。

ティチーノ州の政治家リサ・ボシア・ミーラさんは2017年、未成年者を同伴なしでスイスに連れてきたとして有罪判決を受けた。バーゼルのアニ・ランツさん他のサイトへは昨年12月、病気の難民申請者をイタリアからスイスに連れ戻したとして処罰された。ヴォー州のフラヴィ・ベッテ他のサイトへさんは、関係機関の許可を得て難民申請者に避難所を提供し、州から罰金を科された。ベッテさんの件はのちに無罪となっている。

統計は氷山の一角に過ぎない。連邦統計局によると、2017年他のサイトへは785人が違法入国・出国、住居を提供する「ほう助行為」で有罪判決を受けた。州別他のサイトへでは国境に近いヴォー州(113件)、ティチーノ州(91件)、バーゼル・シュタット準州(85件)で特に高い。外国人法違反の有罪判決を受けた人が、営利目的だったのか人道的理由だったのかは不明だ。控訴した人は少ない。

報復措置を恐れる人もいれば、単に資金がないという人もいる。訴訟手続きには多大な費用がかかる。ヴァレー牧師も審理が始まる前の段階で数千フランが飛んで行った。牧師は他の宗教コミュニティや人権団体アムネスティ・インターナショナルから資金援助を受けた。アムネスティは11日朝、ヌーシャテルの教会前で、牧師を支援するデモ活動への参加を呼びかける。

法律の改正

アムネスティ他のサイトへは「連帯行為を犯罪とすることはばかげており、政府や自治体がもろ手を挙げて人道的活動を抑制しようとしている」と批判する。アムネスティとソリダリテ・サン・フロンティア他のサイトへは連邦議会に対し、外国人法改正を求める請願書を提出した。緑の党のリサ・マッツォーネ連邦議会議員は、法律を改正し、適切な理由による難民援助は罰しないことを求めたイニシアチブ(国民発議)他のサイトへを提起した。

スイスは、不法移民を助ける人々をとりわけ厳しく罰する他のサイトへ。ルーマニア、ブルガリア、ラトビア、デンマークもこれに似ている。しかし、ベルギー、イタリア、英国など欧州の多くの国では、人道的理由で行動する人々を罰するべきではないとの考えが主流だ。フランスでは最近、移民への援助が罰せられたケースで大きな抗議活動が起きたことを受け、潮流が変わった。フランス憲法会議他のサイトへは昨夏、不法移民への住居提供は今後罪に問われないという決定を下した。

国際的には、移民の密入国に関する国連の議定書他のサイトへで、その行為が物質的利益、経済的利益を得ることを目的としたものである場合、犯罪行為は1回のみとしている。一方、違法入国、国境の通過、居住のほう助について定めた欧州指令は、これを罰するかどうかは各国の裁量にゆだねるとしている。アムネスティは欧州委員会に対し、この規則を改正するよう訴えている。


(独語からの翻訳・宇田薫)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。