第45回ローザンヌ国際バレエコンクール2017 ローザンヌバレエ、マリナさんにビデオインタビュー

埋め込みコード

「ダンサー、人間としての成長を感じている。人生を変えるような経験だ」と、ブラジル出身のマリナ・フェルナンデス・ダ・コスタ・ドゥアルテさんは話す。時折、レッスンを受けるほかの出場者に「がんばって」と笑顔で声を掛ける。現在モナコのプリンセス・グレース・アカデミーで勉強中の17歳。バレエコンクールにかける意気込みなどを聞いた。(ビデオ製作・Carlo Pisani インタビュー・大野瑠衣子)

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。