ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

結婚

ウエディングドレス
(Keystone)

スイスでは、婚姻手続きは戸籍役場を通じて行なう。双方とも18歳以上であることが条件であり、両者ともに婚姻を解消する権利を有する。多くのスイス人は民事婚と宗教婚の両方の式を挙げる。

同性カップルはスイスでは結婚することができない。しかし、正式なパートナーシップ制度には登録できる。これにより、年金、相続、納税に関して結婚したカップルと同じ権利と義務を手にすることになるが、養子縁組をする権利はない(ただしどちらかのパートナーの実子であれば可能)。外国で成立した同性婚は、スイスでは正式なパートナーシップとして認められる。

スイス国籍を持たないスイス在住のカップルが結婚許可を得るためには、合法的にスイスに滞在していることを証明しなければならない。地元の戸籍役場が必要書類と申請書を審査し、結婚手続きを進めることの可否を書面で通知する。

結婚式は、許可証を受け取ってから10日後以降、3カ月以内に行なわなければならない。外国で法的に認められた異性婚またはパートナーシップ登録は、基本的にスイスでも認められる。

スイスでの結婚に関するデータは、政府のこちらのウェブサイト他のサイトへへ。

スイスで結婚した日本人は、婚姻成立後3カ月以内に、日本大使館へ婚姻届を提出する必要がある。詳しくは在スイス日本国大使館のこちらのページ他のサイトへへ。必要書類もここからダウンロードできる。

外国人のスイスでの挙式をサポートするウェディングプランニングサービスは多数存在する。

初婚の平均年齢は着実に上昇している。1970年には男性が26.5歳、女性が24.1歳だったが、今日では男性が32歳、女性が30歳となっている。

1980年代半ば以降、夫婦の片方もしくは両方が外国人である婚姻の数が増えている。2015年には全体の半数以上(52%)に上った。

swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。